春は転勤等で引越しが多いシーズンです。それに伴い家族も転校等新たな生活が強いられるのです。

引越しに伴う家族の新たな生活について
引越しに伴う家族の新たな生活について

引越しに伴う家族の新たな生活について

春は引越しのシーズンです。仕事で転勤になったり、首都圏で学生生活を送るなど、春から新生活がスタートすることが多いのです。父親の転勤で引越しをする場合、家族も一緒に引越すことが強いられて、転校の必要に迫られたり、妻はパートを辞めざるを得ません。生まれ育った土地を離れることは、両親や親せき、友人などとも別れなければいけないのです。生まれ育った馴染み深い土地を離れて生活することは、それなりの覚悟が必要なのです。新しい土地での生活は、想像以上に苦労や努力が必要です。関西から東京に転勤の場合には、家族にとっては新天地であり、誰も知りあいや、頼りにできる人がいないのです。一からコミュニティーに溶け込み、人とのつながりを構築していかなくてはいけません。それは想像よりも遥かに難しい事なのです。関西と東京の場合、まず言語の問題があるのです。方言がうまく相手に伝わらなかったり、時には方言を話す自分一人が浮いてしまうこともあるのです。また子どもはそうした言語の問題に特に敏感になり、コミュニケーションが思うように図れず、上手く学校で溶け込めない事もあるのです。

しかし、新しい土地に馴染めないからと言って、元の住まいに戻る事はできません。そのため、自分の趣味を楽しめるお稽古や社会人サークルに積極的に参加して、楽しい事を色々な人と共有する事でコミュニケーションを円滑にしていき、新天地で人脈を作っていくのも一つの良い方法です。そうすることで方言があっても、何ら支障なくみんなに受け入れてもらうことができるのです。また文化の面でも様々違う事があって不自由だと感じる事が多々あるものです。関西に普通に売られている食材などが、関東のスーパーでは購入できなかったりするのです。うどん一つ外食しても、関西のうどんとは全く味付けが違うものなのです。しかしそういった文化の違いを不便な物、不自由な物だとネガティブなとらえ方をするのではなく、文化の違いを楽しむ感覚で接すれば、新天地での生活も決して悪いものではないのです。

関連サイト