家族が多く、小さな子どもがいるなら、引越し当日のトラブルを想定し、できる限り事前準備をしましょう。

引越しに伴う家族の新たな生活について

家族が多い場合の引越しの工夫

家族が多いと、当然、荷物が多くて引っ越し作業も大変です。しかも小さいこどもがいると、引越し当日の大変さはなおさらです。引越しが早めの時間帯に終わればよいのですが、夕方や夜まで搬入が終わらないこともあります。当日の突発的なトラブルなどで、予定以上に遅くまでかかることはよくあることです。小さいこどもがいると、とにかく時間がかかった時に慌てずにすむように入念な準備が欠かせません。また、引越し当日から必要になる物は事前に運び込んでおくことをおすすめします。

例えば我が家のように、建売住宅を購入した場合、カーテンや、廊下やトイレや浴室などの照明は自分でつけるか、オプションで追加工事を頼む必要がある場合があります。我が家はなるべく安く済ませるために、自分でホームセンターなどで購入し、入居前に取り付けをしました。また、トイレのペーパーや洗面所のタオルや、お風呂のグッズやバスタオル、子どもを寝かせる布団などは事前に運び、必要な場所にセットしておきました。子ども達が時間を潰せるおもちゃやDVD、着替えやオムツやおやつや飲み物などはもちろん、引越し当日に食べる夕飯もできるだけ早めに購入して手元の荷物として持っておきます。また、引越し当日はできれば祖父母など子どもの相手をしてくれる人がいると、パパとママはずいぶん楽になります。荷物はできるだけ減らしてシンプルにし、パソコンなどの精密機械も事前に運びました。私の場合、このような様々な工夫のおかげで、引越し当日はとても楽に終わり、荷ほどきも翌日にはすっかりおわりました。

関連サイト