赤ちゃんという新しい家族が増えてからの引越しと、妊娠中にする引越しではどちらの方がいいのでしょうか。

引越しに伴う家族の新たな生活について

新しい家族が増える前の妊娠中に引越しをする

引越しが決まった時には妊娠をしていなくても、その後引越しをする当日までに妊娠をすることもあります。そんな時は、引越しを延期した方がいいのでしょうか。もしも引越しを延期するとなると、出産してからという風に考えるものです。しかし赤ちゃんが生まれて新しい家族が増えた後に引越しをするとなると、もっと大変になるのです。それというのも、いくら生まれたばかりの赤ちゃんが自分で動いて移動をしなかったとしても、困るのはそのお世話です。例えば、母乳ではなくミルクだった場合には、ミルクを作ろうにも水道も使えなければ、お湯を沸かすこともできないという事が起こるかもしれません。そして赤ちゃんがミルクを吐いてしまったり、オムツから漏れてしまい服を汚してしまうようなことがあっても大変になります。そうなってくると赤ちゃんが生まれた後の方が、妊娠中よりもさらに大変になる可能性があるのです。

ですので、もしも子供が産まれてある程度成長をするまで待つとしたら、いつまでたっても引越しをすることができないという事になってしまいます。そうならないためにも新しい家族が増えてからではなく、妊娠中に引越しをした方がいいでしょう。とはいえ医師から安静にするように言われている場合などは、引越しを延期した方がいいでしょう。無理をして母子に何かあってはいけませんので、妊娠中に引越しをするのであれば、あくまでも医師と自分の体調を相談しながら引越しを計画する必要があります。

関連サイト